玄関の防犯性を高める|鍵のトラブルはいつでも対応可能!迅速に駆けつける業者に依頼

鍵のトラブルはいつでも対応可能!迅速に駆けつける業者に依頼

女の人

玄関の防犯性を高める

ドア

鍵穴のないタイプも

古くなった玄関ドアは汚れや傷が目立ち、家の顔としてのイメージが低下するだけでなく、耐震性や耐火性の面で不安が出てきます。また一戸建て住宅では泥棒のうち約15%が、玄関ドアから侵入すると言われています。集合住宅の高層階になると、この比率はさらに上がります。玄関ドアの交換は、防犯性能の向上に大きな役割を果たします。防犯性の高いディンプルキーやウェーブキーに交換するのもひとつの方法ですが、最近では鍵穴のないキーレスドアも普及しはじめています。ICチップを近づけるだけでロックが解除できるタイプは、防犯性だけでなく使い勝手の良さでも人気があります。リモコン式で鍵を出さずに開け閉めできるタイプのドアもあります。

強化構造で侵入を防ぐ

鍵だけを高性能なタイプに交換しても、バールなどで無理やりドアを破壊して侵入する手口の泥棒は防げません。そこでデッドボルトやストライクを強靭なものに交換し、さらに防犯性を強化する方法があります。また強化構造のドアに交換すれば、ドリルによる破壊を防ぐことも可能です。これらの方法を組み合わせれば、より安全で安心な生活を送れるでしょう。防犯性能の高いドアは、遮音性や耐火性も高くなっているのが普通です。気になるのは工期ですが、外装工事や内装工事の必要がないカバー工法であれば、最短1日で施工ができます。ただし実測調査の結果によっては時間がかかることもあるので、事前にしっかりと見積もりを取ることが大切です。